顧客第一主義

地盤・基礎耐震補強(既存住宅)

こだわり

いやされる家


 人間は、自然と共存してきました。森林の中で。ながめのいい海辺で。思いっきり深呼吸をしたり、滝のかたわらでマイナスイオンを感じたり。 各々が、快適な空間を求めてきました。  そして、心がワクワクする空間も大事です。自分の好みや感性が住まいに共鳴した時、人は、住まいに愛着を感じ、心からリラックスできるのです。  ついのすみかは、思いっきり、いやされる空間であってほしい…。
まさに、それが『LOHAS』の家づくりに対するコンセプトなのです。たとえば、 新建材などの有害物質がアトピーやアレルギーを引き起こしている原因のひとつだといわれていることをご存知ですか。 …そこで私たちは、現代住宅の中に、紙素材、石、木材、ケイソウ土など、 自然の素材を積極的に使うことを提案しています。人の健康や環境に疑問のある素材はできるだけ避ける。 当たり前といえば当たり前の事ですが…。身体に健やかな家は、きっと心も健康にする。 家も中で暮す私たち人間も出来るだけ自然に近い環境で暮らすこと、 人が生活することも自然の一部だと考えています。
 デザインは、多種多様です。日本から世界。古典からモダン。あなたの好きなものを教えて下さい。あなたの好きなものに囲まれて暮らして下さい。

『LOHAS』は、あなたの大切な家づくりのサポートするパートナーだとお考えください。


自然素材の家

 昔から日本人は「木」「紙」「土」といった、自然のなかに存在している材料を使って家をつくってきました。しかし、 昭和30年代から始まる急激な住宅需要の増加に対応するため、当時飛躍的に伸びていた石油化学によって、 新建材が大量生産されました。これらの新建材は住宅需要期の増産には役立ちましたが、 揮発性有機化合物(VOC)などの身体に有害な物質を発生し、入居後にアレルギー症状や病気の原因になることもありました。 2003年7月1日にシックハウス法と呼ばれる法律ができ、住宅建築におけるホルムアルデヒドの発散量に初めて規制がかかりました。 今ではほとんどの新建材は、最小値基準以下(F☆☆☆☆)となっていますが、 昔から使われてきた木や紙や粘土といった身体に優しい自然素材は、規制の対象外とされるものが多く、 より安心してお使いいただけます。
自然素材は赤ちゃんやアレルギーをお持ちの方など、敏感な体質の方のためにあるだけではありません。 珪藻土や無垢の木材のもつ多孔質な構造が、空気中の臭いやVOCを吸着したり、大きな吸放湿作用で湿度を調節して、 だれもが快適と感じる空間をつくりあげます。無垢の木の香りと優しい感触が、毎日のくらしに癒しを添えてくれますよ。
自然素材は昔から使われてきただけあって、住宅の構成部材としてしっかりとした基本性能を持っています。 しっくいや珪藻土には高い防火性能があり、外壁に用いても大変に優れた素材といえます。 無垢の木でつくられた建物の強さについては、法隆寺に代表される古来からの木造建築や100年200年と存在している民家が、 その丈夫さを証明しています。昨今、ECOに対する意識が広がる中で、 無垢の木と自然素材を使った家づくりにご興味をもたれる方も多くなりました。


『LOHAS』な家

 環境に対する配慮が必要とされる、現代社会 身体に優しい家作りは、地球環境にも優しいのです。 家を造る時にも、エネルギーの消費を抑え、地球や人への負荷を軽減することが 地球環境保全へと繋がるのでは、ないのでしょうか・・・?
自然素材の木、土、紙といった素材は、科学製品と異なり製造加工の段階で 大きなエネルギーを必要とせず、これら素材を多く取り入れることで 地球の環境を守ることに繋がっていきます。また木が成長する過程で 光合成により二酸化炭素を吸収してその中の炭素を体内に残し、酸素を放出します。 住宅1棟分に使用される木材が成長過程に吸収してくれる二酸化炭素 【CO2】の総量は、 東京ドームの体積のおおよそ4倍にもなります。 木や、自然素材を多く取り入れた家を建てることは、【CO2】の排出制御に大きな効果が あると考えられています。
日本は山林の面積が多く、建築構造材に使われるような木はほとんど山林に生えています。 山林の木々が根を深くはらせ、丈夫な地盤ときれいな水を守ることができ、生物やそれらが生きるための 生態系を守ってきました。しかし最近では、人件費の高騰や急激な円の高騰により山林の手入れが 思うように進まないそうです。
山林の手入れとは、成長した木を伐採し森に新しい若木を植林し山の健康を維持しなければなりません。 手入れが行きとどかなくなると、木々はやせ細り根も弱くなるので大雨や台風など災害時に 耐えられず土砂災害など人的被害にも及ぶ可能性も有ります。場合によっては砂漠化に近い状態になっていきます。 山の木を伐採してそれを役立てることが地球の環境を守る上で大切な事なのです。 日々、暮らしの中で使われるエネルギー消費を節約するには、家の断熱性能を高め冷房や暖房を出来るだけ 少ないエネルギーで生活することも一つの対策です。また自然の風を取り入れできるだけエアコンを使わないことも 現代になっては、【CO2排出削減】・【省エネルギー】には大切なことです。 近年では太陽光発電、燃料電池、など省エネ機器の普及により選択肢も広がりました。 地球環境の負荷を軽減させて行くためには、住宅にもこれらを組み合わせ自然の力も取り込みながら 少ないエネルギー消費で生活して行くように目指したいところです。 毎日の暮らしの中で自然と地球環境保全に寄与している家。  あなただけの『LOHAS』住宅を計画してみませんか。


こだわりの家


何処にこだわるか!?… を決める事が大切です。

間取りにこだわる。
 一般的に間取りを作成する時は、北側に水廻りを集中させる事に依って給排水の工事のロスを少なくし、コストダウンを計ります。  但し固定観念を払拭した場合、斬新な空間を作り出す事が出来ると考えます。

収納にこだわる。
 各室にクロゼット収納を設ける事が昨今の住宅に多いのですが家族構成や使勝手を考えた場合、 各室を広くとる為に収納部屋やロフトを設け、集中収納にしてしまう事も一つの方法と考えます

断熱材にこだわる。
 一般的に利用されているグラスウールは安価であるが、断熱効果で云えば、How toで紹介している工法には劣っております。 又、どこに断熱材を使用するかも大事なポイントで、基礎内側や屋根野地裏は一般的に断熱材を利用しませんが そこまでこだわって施工したほうが断熱効果はかなり上ると思われます。

建材にこだわる。
 新建材は  納まり良く簡易な為、材料及び取付コストが安価な為、利用される事が多く、床材一つ例に上げても、 ムク材と比べ、材料・取付コストプラス塗料と全てにおいて、高コストに結びつくが、長い年月のメンテナンスを考慮すると、 コスト的には見合っていくでしょう。自然素材は味わい、ぬくもり、素材感等とても高級感があります!。

上記の他にも、景観に…。地下室に…。等々こだわる点はいくつもあります。
『LOHAS』は、そんな様々なこだわりの御手伝いをさせていただければ幸いです。

インフォメーション

神奈川区白楽
N邸新築工事
浜名湖
Мリゾートホテル
青葉区奈良町
造成工事
藤沢市長後
H邸リフォーム工事